PIXUS ip2700のインクを格安詰め替えインクで補充

自宅のプリンタはCANONPIXUS  ip2700だ。購入時3,000円弱ですこぶる安かった。今では3,000円切るらしい。

 

プリンタはちょっとした資料の印刷、クリックポストの印刷程度のため、そこそこの質と低価格でいい。このPIXUS ip2700はその期待に見事答えてくれたが、遂にインク切れとなった。

 

調べてみると純正インクは馬鹿高い。二つでプリンタより高い。当然、安い非純正詰め替えインクを検討。

 

Amazonではサンワ製のインクが良さそうだが、それでも高いと思うのはPIXUS ip2700のコストパフォーマンスが成せる技。そこでダイソー製の詰め替えインクは使えないものかとネットを泳ぐ。

 

やっている人も多く概ね大丈夫そうだ。ダイソーインクだから印刷品質に多少難有りだろうが、プリンタ自体高級品ではないので構わない。

 

気になったのはブラックは顔料インクの点。純正インクは顔料だがダイソーは染料しかないらしい。ダイソーのブラックで試し刷りした結果が「IP2700 黒インクを詰め替えてみる」に載っているが若干滲んでいる。

 

文字が滲むのは気になったため、ブラックのみサンワ製のインクをチョイス(こちらは顔料インク)。

 

用意したのがこちら。

 

f:id:ares2:20151126110759p:plain

 

最初にPIXUS ip2700からインクカートリッジを取り外す。電源を入れ天板を上げれば自動でカートリッジが中央に移動。

 

f:id:ares2:20151125074700p:plain

 

まずはブラックから詰め替える。ダイソーインクと比べれば約9倍高いが、顔料インク、60mlで4回分、穴開けドリル付き。

 

f:id:ares2:20151125074819p:plain

 

まずドリルガイドシールを上に貼る。これでどこに穴を開ければいいか分かるが、触ると凹んでいるので貼らずとも分かる。

 

f:id:ares2:20151125074914p:plain

 

付属のドリルで穴を開ける。

 

f:id:ares2:20151125075111p:plain

 

インク注入。ちょっと漏らしたがおおよそ成功。

 

f:id:ares2:20151125075301p:plain

 

次はカラーカートリッジ。

 

f:id:ares2:20151125075513p:plain

 

まずはマゼンタから。

 

f:id:ares2:20151125075744p:plain

 

ダイソーの詰め替えインクにも穴開けガイドシールを貼る。

 

f:id:ares2:20151125080753p:plain

 

マゼンタ補充完了。同じ要領で他二色も補充。

 

f:id:ares2:20151125080857p:plain

 

カートリッジをプリンタに設定。

 

 

f:id:ares2:20151126105808p:plain


最後にヘッドクリーニングを行いテストプリント。インク残量検知が働き印刷できない場合は、本体のリセットボタンをエラーランプが消えるまで押すと、インク残量検知が無効となり印刷可能になる。

 

f:id:ares2:20151125080953p:plain

 

綺麗に印刷された。全然問題無い。まだインクはたっぷり余っているので、PIXUS  ip2700にはまだまだお世話になりそうだ。