読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麺をズルズル啜るのは下品

雑記

f:id:ares2:20151102080125j:plain

昔、TVで海外では麺を啜るのは下品で恥ずかしい行為と紹介されていたのを覚えている。この記憶がずっと残り、私は段々と麺を啜るという行為に羞恥を感じるようになり止めてしまった。元喫煙者が非喫煙者になり、昔は気にならなかった他人の煙草の煙が気になりだすのと同じで、今は他人の啜る音を聞くと不快感を催す。

私は麺を啜るのは下品だと感じるが多くの人は共感してくれない。中には啜るのがマナーだなどとのたまう人さえいる。 

不思議なのは口を開けて咀嚼する人たち、通称クチャラーは批判されている点だ。クチャラーに対する批判はクチャクチャ音を立て聞いていて不快、見ていてだらしないなどだ。 

麺を啜る人をズルラーと言えばいいのか分からないが、私はあの鼻水啜りのような音が受け付けないのでここでは鼻水族と呼ぶ。世の人々はクチャラーは批判するのに鼻水族は批判しない、いやむしろ格好いいくらいに思っている。摩訶不思議とはこのことだ。 

鼻水族はクチャラーの上位互換だ。出す音はクチャラーより大きく、啜る様は箸を上手く使えない幼児のようで見苦しい。 

啜れば麺は踊りあちこちにスープを撒き散らす。テーブルを汚し隣の人の衣服を汚す。これは直接物理的被害を与える行為でありクチャラーには無い迷惑だ。 

音は非常に大きく耳障り。鼻水を啜るような音色は気持ち悪く食欲が減退する。あちこちにスープを撒き散らしこちらの衣服を汚してくる。麺を啜るというのはどう考えても品性下劣な迷惑行為だ。

 こんな行為をどうやったらマナーと主張できるのか、いつの間にか日本は他者に迷惑をかけるのがマナーの国になったのか。

啜った方が香りが強くなる、ワインのテイスティングでも啜るじゃないかと反論する人がいるが、ソムリエだってテイスティング以外では啜らず飲む。迷惑だからだ。

鼻水族、特にそばを食べる鼻水族は迷惑行為を格好いいと思っている。これは暴走族と同じだ。だが、暴走族さえ暴走を正しいか悪いか聞けば悪いと答えるだろう。鼻水族は自分達の行為を悪いと思っておらず余計質が悪い。

麺を啜って食べるのをよしとする人々は、少なくともクチャラーを馬鹿にするのは止めるべきだ。殺人犯が万引き犯に説教など猿の尻笑いどころの騒ぎではない。