読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とびだせ どうぶつの森 - 品評

品評

Amazonで予約していた「とびだせ どうぶつの森」が届きました。どうぶつの森は64時代から興味があったのですが、中々プレイするチャンスがなく、今回ようやくプレイする事が出来たので取り敢えずレビューしてみる事にします。


良い所

●制約がある
ゲームは実際の時間や日時とリンクしており、時刻や季節などで出来る事が制限されます。そこに住んでいるという感覚を持つためには良いシステムだと思います。

●マイデザインが楽しい
34×34のマス目に描けるドット絵は思いの他自由度が高く、絵心が無い人間でも根気があればそれっぽく仕上げる事が可能です。作ったマイデザインはQRコードで他人に配布する事も可能。

●細やかな演出
村人が家を出て行く時に手を振ったり、家やお店で入る時と出る時に挨拶があり、リメイクを頼むと何十分後に取りに来てと時間が掛かり、絵画などを買うと展示が終わってから郵送しますと本当の展示会のような手順を踏む。村での生活実感を感じさせる工夫に溢れている。

●アイテムが多い
家を飾るアイテムが非常に多い。工夫すれば決して人と被らないでしょう。

●イベントがよく起こる
今のところ週一回は何かのイベント(大会や新たなお店の出店)が起きています。これなら確かに飽きません。新規のイベントがどれだけ続いていくのかは分かりませんが、一年くらい続いてくれたらなあと思います。それ位続けば十分元は取ったと思いますからね。まあ一ヶ月でもそれだけ楽しめればゲームとしては十分だとは思いますが。

●他プレイヤーとの交流要素
すれ違い通信では他プレイヤーの家がモデルハウスとして登録され、内部の家具を購入する事が出来ます。これによりすれ違い通信に対する意欲を刺激しています。夢見の館は他プレイヤーの村を訪問出来ます。一日一回村を登録すると5000ベル貰える仕組みで、更新の誘因が設定されている事で更新が促され、訪問側も最新状態の村を楽しめる。さらに訪問した村ではセイイチというキャラからその村のプレイヤーのマイデザインを貰う事ができ(向こうが許可していれば)、これも訪問を促しています。




悪い所

●オートセーブではない
最近のゲームはオートセーブが多くなり、一つ前にやっていたのがオートセーブ対応のマリオカート7だった事もあり、うっかりセーブせずに終了させた事がありました。時間を掛けてマイデザインをした後だったのでショックでした。本体から警告は出ますが見慣れており、気にせずボタンを連打したのです。

すぐ再起動させるとモグラのおじさんが現れ、セーブせずに終了させただろうと聞くのでこれは1回だけでも救済があるのか! と期待しましたが、次からは気を付けろと言って消えていきました。あれはなんだったのか。こんな演出する位ならオートセーブ対応にすればいいものをと怒りを感じました。

ちなみに公共事業にリセット監視センターなるものがありましたので、これで救済されるのかも知れませんが作っていないので分かりません。

●お店が早く閉まる
まめつぶ商店(PM9時)やR・パーカーズ(PM11時)が閉まると、アイテムを換金出来なくて困る。一般的な生活サイクルの人であれば困らない時間ですが、私のように夜型人間は厳しい。村の時間をずらせば良いかも知れませんが、そういう効率一辺倒なのはやりたくない。そもそもどうぶつの森自体があくせくするゲームではないので、デメリットでは無いかもしれません、時間が経てば気にならなくなるでしょうしね。

条例で「眠らない町」にすれば多少遅くまでやってくれます。てっきり24時間営業になるのかと思っていましたが違いました。まあその方が良いでしょうね、何でもかんでも効率化すると冷めるゲームでしょうから。

●条例や公共事業で色々出来る
プレイヤーの権限が拡張され何でも好きに出来るようになりました。これをメリットと感じる人は多いでしょうが私は逆だと考えます。
ゲームというのは制約があるから面白くなるのです、つまり抑圧からの解放。ゲームのチートでパラメータをMAXにしても、面白いのは最初だけですぐに興醒めしてしまうでしょう。いつもは触れただけでやられる弱いマリオが、たまに無敵になれるからスターを取ると興奮するのです。

このゲームは自分を砂浜の砂にするゲームです。沢山ある物になって自らを埋没させる。とあるどうぶつ達の住む村へ行き、何人もいる村人の一人となってただそこで生活する。自分はあくまで村の中の一要素でしかなく主役ではない。そういう感覚が面白いのに今回から村長に祭り上げられ、村に大きな影響力や権限を持って自由に変更出来るようになってしまった。この自分にスポットライトが当たっている感覚が私は凄く嫌なんですよね。

村のレイアウト、季節、お店の開店閉店時間など、ユーザーにどうにも出来ない要素に振り回されるからこそ、そこで生活している錯覚が生まれてくるのです。

●何度も行われる会話がボタンを押さないと終了しない
例えばお店に入った時など、店員があいさつするのですが毎回必ず聞く事になります。それは人(動物ですが)と人との繋がりみたいなものを売りにしているゲームですから構いません。しかし、毎回同じセリフなら覚えているし聞く必要もないので自動終了させて欲しいのです。毎回AかBボタンを押さないと右下に▼マークが表示され、会話はストップし行動も出来ません。

●やれる事が少ない
基本的に昆虫採集、化石発掘、釣りしかやる事はありません。どれもゲーム性に乏しくすぐ飽きます。どうぶつの森にそんな事を言うのはカレーが辛いから不味いというのと同じで的外れかも知れません。あくせくしたり一般的なゲームの要素を求めない人が楽しむゲームでしょうから。単に私にとってマイナスだったという事です。

●マイデザイン中に見本が回る
下画面でデザインしますが、上画面では完成時の見本が表示されます。これがずっと回り続けて非常に確認し辛い。LRボタンのどちらかを押せば止まりますが指が疲れます。逆の仕様にして欲しかったですね。

●店員が邪魔になる
服や靴を買う時に試着が出来ますが、店員の位置で見えなかったりする事がある。

●カッペイの歌が長い
何日かすると南の島に行く事が出来ます。島へ移動する船にカッペイというカッパがいるのですが、移動中に歌いとても時間が掛かります。ボタンを何度も押すとスキップ出来ますが、Bボタン一回でスキップ可能な方が良かったですね。まったり生活を楽しむためにせかせかしてほしくないという事であれば、スキップ禁止にすれば良かったしちぐはぐな印象を受けます。

●地面にデザインを貼るのが大変
マイデザインを地面に貼るのがかなり面倒です。場所を移動しないと真下と前方、さらに周囲に貼られていきます。どこからどこまでと一度に指定出来れば楽だった。

●どんなデザインでも歩くと草の音
石畳のマイデザインを貼って歩道を造っても、歩くと草の上を歩く音になってしまう。

●拾ったお金が財布に入らない
木を揺すったりするとお金が落ちたりしますが、拾うと一アイテムとしてアイテム欄に入ります。いちいち「サイフに入れる」を選択しないと財布に入らない。果物もバラで収納し自動ではまとまらない。

●クラブ・コトブキでのオンラインプレイがしんどい
レジャーアイランドでクラブ・コトブキ会員になると、Wi-Fiを使って世界中のユーザーとミニゲームを楽しむ事が出来ます。これがかなりコミュニケーション能力が問われるのです。最初にカッペイが如何にもチャットしろと誘導するような説明をするので、皆これに強く影響されるのではないでしょうか。

説明を読みながら、これだととびだせどうぶつの森のオンラインは挨拶だとか和気あいあいのチャットをしないと許されない空気になるなと直感しました。最初に参加した時は誰かが来てすぐ逃げてしまい、それ以後、全くオンラインには参加しておりません。全く知らない人達と和気あいあいに、「その服、自分でデザインしたの?」「そうだよ」「へえ、凄いね」「有り難う」「ねえ皆、フレ登録しようよ」「いいよ〜♪」、こんな会話が出来ますか? 私には出来ません。



総評
期待したほど面白く無かったというのが率直な感想です。合う人には合うのでしょうが私には合わず、面白いのかつまらないのか微妙なラインです。しかし、一般的なゲームと違い1、2週間で答えの出るゲームではないので今後もプレイは継続していきます。

週一でイベントがあると仮定しても一年分で48個、これ位なら十分用意可能でしょうから、一年位は遊べる事を期待したいですね。操作が難しく敵が強いゲームが苦手で、黙々と物集めが出来るという人にはピッタリなゲームでしょう。それ以外の人にはお勧めしません。


マイデザイン
マイデザインで色々と描いてみました。ドットで絵を描くのは楽しいのですが、描きたいデザインが思い付かない。ネット上ではアニメやゲームキャラのコスチュームが花盛りですが、私は雰囲気が損なわれるためあまりそういう服を村で着たくありませんでした。取り敢えずスーツと作業着などを描きました。

取り敢えず描いてみたフォーマルなスーツ。





役場のしずえ嬢の着ている服の村長Verです。私はこれが役場の制服だと勝手に思っていましたが、よくよく考えるとこれはしずえ嬢の個人的なカーディガンではないか? とも思え、というか多分そうでしょう。作った後に気付きました。





よく市役所の人が外で着ている作業着を描きましたが、色を変えれば有野課長になるなと作った課長の作業着です。





持っているユニクロのウルトラライトダウンです。





ちなみにエイブルシスターズに飾らせてもらうと、住民が着てくれたりします。

とびだせ どうぶつの森
任天堂 (2012-11-08)
売り上げランキング: 36