読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンテンドー3DS - 品評

品評

遅ればせながらニンテンドー3DSを購入しました。昔のようによくゲームをする生活ではなくなり、ましてや携帯ゲーム機にまで手を出す事はもうないかなと思っていましたが、今までにないゲーム体験を期待して購入してしまいました。新たなゲーム体験とは「すれ違い通信」の事です。3DSドラゴンクエスト9で流行ったすれ違い通信機能を強化して発売され、値段もLL発売でお手頃となったため買う事にしました。


良い点
すれ違い通信が面白い、特に標準で入っている「すれちがいMii広場」。まさかとは思ったが、本当に意味もなく人の多い所へ出かけさせてくれる。人を外へ引き出す誘因を持ったゲーム機はこれが始めてではないか。
○持ち歩くと歩数が記録され、それがコインになりすれちがいMii広場のゲームで使用出来る。これなら田舎でもMii広場を楽しめるし、ユーザーに3DSを持ち出させる事で、結果すれ違いしやすくなるわけだからよく考えられているなと感じる。
○3Dは奥行きだけと言われるが、以外に手前にも浮き出てくる。
○ゲームを挿していなくてもすれ違い通信が出来る。
○ブラウザでネット閲覧出来る。天気予報とか何かのきっかけで調べたくなった単語など、わざわざPCを起動させるほどの事ではない時には思いの外便利。
ニンテンドーeショップで昔のゲームや一部の新作パッケージゲームを直接買え、多くの体験版も無料でプレイ出来る。
○タッチパネルは僅かに凹むようで、押した感触があり使いやすい。
○買えば必要物一式が揃っておりすぐ遊べる。メモリーカードを別途購入などは基本必要ない。
○サイズが丁度良い。手に収まり持ち運びしやすいギリギリの線。LLの評価は高いが、これより大きいとなると普通の3DSを購入で正解だった。


悪い点
○形が持ちづらい。
○3Dは飽きるし目が疲れる。3Dは動かない画面だと調子が良いが、オブジェクトが動くと一瞬ブレて戻りブレて戻りを繰り返す感じ。
○指の置き所が難しい。子供だと丁度良いのかも知れないが。
○DS、DSiソフトですれ違いモードにすると、3dsソフト(すれちがいMii広場など)のすれ違い通信が無効になる。
○少し重い。そこまで気にならないが仰向けでプレイするには重い。
○仰向けだと上部が重くバランスが悪いためプレイし辛い。画面も若干下がってくる。
○スライドパッドと十字キーの位置が悪い。パッド操作で十字キーに当たるし十字キーは下過ぎて操作し辛い。
○startやhomeボタンが押しづらいが、そこまで大した問題ではない。
タッチペンが本体を開いていると取り出し難い。閉じる事になる。
○バッテリーの持ちが若干悪い。
○購入したのはアイスシルバーだったが、見た目が安っぽい。


総評
期待していたすれ違い通信が期待通りに面白かった。つい持ち出してしまうし、外へ私を引っ張っていってくれる。ゲームは家の中に閉じ込めてしまう側面があり、ゲームに批判的な親や大人はその辺を嫌いますが、そういう意味では革新的でむしろ子供の方から人の多い場所へ連れて行ってと親に頼むのではないでしょうか。

任天堂ソニーと違い純粋なゲーム屋です。任天堂のゲームはどれもそうですが、どう面白くするかを一生懸命考えているなあと感じさせます。同時期にソニーPS VITAが発売され、当初は3DSも苦戦していましたが、今となっては販売台数500万台に乗せ3DSが勝者になったのも頷けます。

ソニーはあくまで家電屋で如何に性能を上げるかといった事を考えてゲーム機を作っているように感じます。それは家電ならいいでしょうがゲーム機では違います。ゲーム機に大事なのは性能が高いかではなく面白いかどうかであり、性能は面白さを引き出す一要素でしかありません。ゲーム屋である任天堂の作ったこの3DSには、スペックの高さではなく面白く感じるための導線の多さを感じます。

私は当初、PS VITAを買おうと思っていたのですがいまいち踏ん切りがつきませんでした。性能で言えば文句無しで早く欲しいと思いながら、魅力的なソフトが無い、性能は高いがそれをどう面白さに繋げるのかピンとこない等で買えなかったのです。そしてそれらは時間とともに解決されるのだろうと待ち続けていましたが、どうも変化が見えない。ひょっとして今は性能が高いだけのゲーム機だけれど、これからも性能が高いだけのゲーム機のままなのでは? そう疑念を持った時、ニンテンドー3DSが急速に近づいて来たのです。

液晶の画素数だとか処理能力が高いとか、そういった数字で表しきれない価値を私は3DSに期待し、その期待には概ね応えてもらいました。価格も安くなっているし、DS時代のソフトも使う事ができ、シェアの高さでソフトも多く今後も充実していく事が期待出来る。PS VITA3DSで迷っているなら、3DSを選ぶ方が特別な理由がない限り正解でしょう。

ニンテンドー3DS アイスホワイト
任天堂 (2011-11-03)
売り上げランキング: 149