読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柔道のジュリー制度への不信

ロンドン五輪の柔道初日から感じていた事ですが、今大会で採用されているジュリー制度に対し、過剰に介入しているのではないか? と疑問を感じています。折角、選手が技を決めて勝ったと思われるシーンにジュリーが介入し、判定が覆されてしまう。そういったシーンがあまりにも多い。

それがより顕著に表れたのが29日の海老沼対チョの試合でしょう。延長戦で海老沼選手が技をかけ、主審が有効を取ったにも関わらず、ジュリーの意見により取り消されてしまった。さらに旗判定では最初青三本上がったにも関わらず、ジュリーの物言いにより白三本に変更されるという異例の事態まで起こる始末。これでは一体何のために審判がいるのか分からない。

日経の記事山口香さんも指摘する様に、競技には流れがありそれを止められるのはやっている選手も、見ている観客にも不快でしかない。選手は待たされる間も辛いだろうし、折角取ったポイントが無効にされれば精神的影響は大きい。

こう言う人もいるでしょう、「例え流れが止められ水を差されても、誤審が下されるよりはマシだ」と。しかし、なぜジュリーの判定が正しく、畳の上の審判が間違っていると決めつけるのでしょうか。

このジュリーというのは、シドニー五輪の篠原選手の試合がきっかけで導入されたという。日本人はあれは間違いなく誤審であり、本来金メダルを取っていたのは篠原選手だと考える人が多いでしょうが、実はこれも色々な意見が出されていました。

あの試合の後、柔道関係者の発言として誤審だったと言う人もいれば、微妙な決まり方であり、私だったら両方にポイントは与えなかっただろうとコメントした専門家もおり、あの判断は日本人が思っているほど明確な誤審だったわけではないのです。

ネット上の意見を見ると、ビデオの方が正しいに決まっていると、ビデオ判定を盲信する人が多いと感じます。確かに陸上のフライングやラインを割っているかどうかなど、はっきり正誤の判断が出来る競技ではそうでしょうが、柔道というのはそういった競技とは違う側面を持っています。相手をしっかりコントロールしているか、背中のつき加減、勢い等々、かなり主観に頼る事の多い競技です。柔道は他の競技と比べてビデオ判定と相性が悪く、どちらかといえば体操などに近い隠れた芸術点のある競技なのです。

ある分野のある名作が、今の時代に見るとつまらないと感じる事があります。これはあの時代の空気や雰囲気、社会情勢などの中で見るから面白かったのです。技が決まるのを間近で見て、その時に生じる様々な要素を元に、畳の上の審判は判断を下します。後からスローモーションやモニター画面で見るのは印象が大分違い、多くの情報が失われているはずです。ビデオで見たからといって、より正しい判断が下さるとは限らないのが柔道という競技なのです。

このようなやり方では、柔道の魅力である迫力やスピード感が損なわれて面白味が無くなり、二転三転する結果に選手と観客両方が信頼出来ず柔道はつまらなくなるでしょう。面白ければ誤審があってもいいのかと批判する人もいるかも知れませんが、その競技の持つ特徴的な魅力は最大の財産であり、魅力の無い競技には誰も参加も観戦もしなくなります。より正確性を保つためとし、一時間も二時間も試合を中断する競技に誰が興味を持つのでしょうか。

ジュリーという制度を導入したのも、より判断に正確性を期すためであり、それは柔道という競技に不振を持たれず魅力あるものにしようという考えからのはずです。それが結果、柔道をつまらないものにするなら角を矯めて牛を殺すだけでしょう。

ジュリーはあくまで審判の補助を行うだけであるのに、今大会では決定を行っており、明らかな権利のインフレですが、何をどこまでジュリーが干渉してよいのか、まだ制度導入から期間が短いため運用のノウハウが確率していないのでしょう。ジュリーが物言いをしているのも分かり難く、突然試合が止まるため奇妙に感じ、さらにジュリーは表に出てこないので密室談合的な気味悪さも醸し出すのも、不信感を感じる原因になっていると感じます。

本来のあくまで畳の上の審判の補助として存在するのならジュリー制度には賛成しますが、今回の絶対君主の様な存在であり続けるなら、この制度は廃止すべきと感じました。