読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今のタレントに技術は無い

テレビをつけるとタレントが色々な事をやっています。しかし、どれも私には面白いと思えないものばかりだと感じます。私が面白い、凄いと感じるのは技術です。自分では逆立ちしても出来ないと思える圧倒的なパフォーマンス。しかし、テレビに出る人にそういった技術を感じる事はありません。彼らがやっている事は技術ではなく騒ぎだからです。

最近のテレビでよく見るのが毒舌を吐く、大声を出す、暴れる等ですが、こういった事は技術とは呼びません。騒ぎを起こすだけなら倫理観や羞恥心が無ければ誰でも出来ます。道路の真ん中で裸踊りすれば誰でも足を止めるでしょう。中には話を聞きつけてその場にいない人も集まってくると思います。つまり、その人はとても視聴されるでしょうし、そんな事なら精神的な障壁があるだけで、やろうと思えば誰でも出来るのです。

ビルの屋上から飛び降りるのはその気になれば誰でも出来る、しかし、下から素手のみでビルを登るというのは、やる気さえあれば出来るというものではありません。どちらもさあやるぞと言えば人が集まるかも知れませんが、私が面白いと思うのは卓越したクライミング技術であり、精神異常者ではありません。

日本のテレビは"誰でも出来るがあえてしない事"をレベルの高い事、面白い事と勘違いしているのです。私が面白いと思うものは、その人にしか出来ない、やろうと思っても真似が不可能な技術であり、その気さえあれば出来る事とはここが違うわけです。そして、多くの人が同じように思っているのではないでしょうか、でなければテレビの視聴率は右肩下がりにならなかったのではないか? と思うんですね。

今のテレビは、技術を伴わないただ過激なだけ、奇抜なだけの行動を見せて、騒ぎを起こして野次馬を集めているだけです。勿論そういった裸踊り系芸人を面白いと評価する人も大勢いるでしょう、だからこそ野次馬が出来るわけですから。しかし、今までの時代なら何とかなったかも知れませんが、インターネットの登場でそのやり方は通用しなくなったのではないでしょうか。

以前、ネットで話題になった動画がありました。それはゴキブリの味噌汁を食べるというものです。勿論、誰かから金銭を貰ってやっているのではなく、タダで行っているわけです。一般の素人がタダでこんな事をする時代になってしまったのです、当然プロである芸能人はこれを超える事をせねばならないでしょうが無理でしょう。そんな気骨のある人間は多いとは思えませんし、規制も厳しくなりどんな方面でも過激さが失われているからです。

だとすれば、素人が何かを簡単に発表できるこの時代にテレビが生き残るには、素人が簡単には真似出来ない事、やる気や頭がおかしければ出来る奇抜な事ではなく、長い修練の上に成立した技術でなければ生き残れないのです。そろそろ道路の真ん中で裸踊りをして野次馬を集める様なやり方は、改めた方がいいのではないでしょうか。