読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デモンズソウル - 品評

品評

ベスト版が出たので購入したデモンズソウル、クリアしたのでレビューを書いてみました。

■■■良かった点■■■

●難易度が高め
巷ではメチャクチャ高いマゾゲーなんて言われていますが、やってみるとそこまで高くはないが確かに歯ごたえのある難易度で楽しい。

●緊張感がある
稼いだソウルは死ぬと消えてしまい、次のチャレンジで拾えないとパーになるというシステムが緊張感の持続になる。

●敵との戦闘に駆け引きがある
単なるごり押しでは進めない作りで、敵とは攻撃、防御、回避、間合い取りと息の詰まる攻防となり面白い。意味もなく敵と戦いに行ってしまう自分に驚いた。

●敵の配置や罠がいやらしい
進んでいると突然死角から敵が飛び出して来たり、前に敵数人がいてそれに注目していると、物陰にいた敵が突如叫び声を上げながら後ろから斬りかかってくる等とても良く出来ている。初見プレイ時は未開の遺跡を探索するインディージョーンズになった気分で、心臓を鳴らせながらジリジリ進んでいく事になり実に面白い。

●探索している感覚を味わえる
とても細い洞窟の通路や入り組んだ建物など、非常に見晴らしの悪いフィールド造りになっており、それによりフィールドを暴きながら進む探検する面白さが味わえた。FPSではないのにこういう感覚になれたのは驚いた。

●他プレイヤーとのオンラインシステム
青、黒ファントムとなり他プレイヤーとの協力プレイ、敵対プレイが楽しめる。特に敵対プレイは非常に面白く、所詮プログラムのNPCと思い冷めてしまう私にとっては嬉しい機能だった。未だにオンラインに人がいるのはこの対人戦に皆熱中しているからでしょう。

グラフィックデザインが無骨で良い
変に派手だったり可愛らしかったりせず、重厚な武具や背景デザインが個人的に好みに合った。

■■■悪かった点■■■

●説明不足
パラメータによる武具能力変化やNPCと戦えるといった当たり前のルール、システム等、書いて然るべき情報が説明書に書いていない。全体的に今の時代はネットを使って調べるだろうという開発者の怠惰、もしくはそうして貰う事でよりゲームが印象深くなり、熱中させる事が出来るという狙いを感じるが、私はモニターを長時間凝視する気はないし、wikiや攻略本などはほとんど読まない。攻略法が書いてある必要は無いが、基本情報は最低限説明書に全て記載してあるべきだと考えている。

●BGMが悪い
プレイ中は基本的に鳥の鳴き声やモンスターのうめき声、効果音しか無いが、ボス戦にはBGMがありこれが悪い。場違いな音楽が多く、チンドン屋みたいな曲が流れる時もあり折角のボス戦がコミカルになったりする。

●アイテムの持ち替えの反応が鈍い
アイテムや装備は十字キーを使い変更するが、何かの動作中に押しても即座に反応せず、動作が終わってから変わる。そのため最初は効いていないと思いもう一度押すのだが、動作終了後に2回分変更が加わり結果元の装備に戻ったりする。緊張感のある一瞬の隙で勝敗が決まるゲーム(特に対人戦)だからこそ、こういう細かな動きに対応が遅れるのは欠陥と言わざるを得ない。

●やり込み要素が強い
私は周回プレイやアイテムのコンプリートといった行為が大嫌いですが、残念ながらこのゲームはそのやり込み要素が非常に強い。ちょっとした行動ですぐに取り返しのつかない事態になる(アイテム入手不可、NPCの消滅等)。イベントはかなり入り組んでおり、取りこぼしなく行動するにはネット上の情報を使わない限り不可能といっていい。最近のゲームのネット前提の作りは勘弁して欲しい。勿論そういうやり込み要素が大好きな人々もいるので、これは個人の好みの問題でしかない。

総評
久しぶりに早く家へ帰ってゲームをやりたいと思わせてくれたゲームだった。そろそろ7時間位プレイしたかな?とプレイ時間を見ると20時間になっていたのは驚いた、まさに時間を忘れさせるゲームという事でしょう。クリア後も他プレイヤーと戦いたくてゲームを起動してしまう、通常版で買っていたとしても十分満足出来たであろう名作ゲーム、そんな感じです。
点数は、

92

という感じ。
続編が出たら今度は発売日に買いたいと思います。